深谷市の内科・循環器科。睡眠時無呼吸症候群や心臓病・高血圧・高脂血症・動脈硬化などの生活習慣病。禁煙外来も行っています。

睡眠時無呼吸症候群

 

睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは

睡眠時無呼吸症候群とは、文字通り睡眠中に呼吸が止まり、

それによって日常生活に様々な障害を引き起こす疾患です。


SASの重症度はAHI(Apnea Hypopnea Index)=無呼吸低呼吸指数で表し、

一晩の睡眠を通して、1時間あたりの無呼吸や、低呼吸(呼吸が浅くなる状態)の頻度をもとに診断していきます。

このAHIが5回以上認められ、日中の眠気などの自覚症状がある場合、SASと診断されます。

AHIが5~15回が軽症、15~30回以上が重症とされています。
SASの病態の多くは空気の通り道(気道)が塞がる又は

狭くなることによって起こる『閉塞型睡眠時無呼吸症候群(閉塞型SAS)』です。

どれくらい眠気を自覚していますか?

以下の8つの質問に対して「眠気の状況」を参考に当てはまるものに○を付けていき、

その数字の合計を出してみて下さい。 あなたの眠気の状態がチェックできます。

 

0:眠ってしまうことはない    1:時に眠ってしまう
2:しばしば眠ってしまう      3:ほとんど眠ってしまう

 

1.座って何かを読んでいる時(新聞・雑誌・本・書類など)

 0 1 2 3
 2.座ってテレビを見ている時
 0 1 2 3
 3.会議、映画館、劇場などで静かに座っている時
 0 1 2 3
 4.乗客として1時間続けて自動車に乗っている時
 0 1 2 3
 5.午後横になって、休息をとっている時
 0 1 2 3
 6.座って人と話をしている時
 0 1 2 3
 7.昼食をとった後(飲酒なし)、静かに座っている時
 0 1 2 3
 8.座って手紙や書類などを書いている時
 0 1 2 3

 

アンケートで何点ありましたか?

13点以上あると、眠気の自覚症状があると言われています。

点数が高ければ高い程、眠気の自覚が強く、何かしらの睡眠障害の疑いが高くなります。

現在、睡眠障害の中で睡眠時無呼吸症候群(SAS)が注目されています。

当院では外来検査を行い治療も行っておりますので、ご相談下さい。

お電話はお気軽に

 

AED

 

インフルエンザ予防接種

 

がんリスク検査

 

ABC検診がんリスク検診